予備校での経験は人生の財産になる。

予備校は高校とは違う

予備校【塾ナビ】

予備校を高校の延長くらいに思っていた私は予備校に入ってすぐにその違いに気づくことになりました。
それは高校とは違い、すべてが受験に合格するという目標のためにあるいうことでした。
高校でも自分なりに勉強をしていましたが、その時は部活もしていましたし体育祭などのイベントも実行委員になるなどし、積極的に参加していました。
このように高校では受験以外にも何かの目標に向かって頑張るということが他にもたくさんありました。
そのため、勉強はしていたものの、勉強一色という感じではありませんでした。
しかし、予備校では部活もありませんし、体育祭などのイベントもありません。
これは入学前からわかっていたことでしたが、実際に体験してみると思った以上に精神的なストレスを感じましたし、今思えばずっと体育会系の部活をしていた自分にとっては運動をしないというのもストレスのひとつになっていたのかもしれません。

予備校は高校とは違う徐々にモチベーションがあがってくる予備校生活も貴重な財産